バーンリペアについてごあいさつ

このページの目次

社長挨拶

私たちバーンリペアは、住宅建材・部材のキズを直すという概念が無かった日本の住宅市場に、
新たに “リペア” という文化を導入し、創業以来、リペアサービスのパイオニアとして邁進してきました。

リペアから始まった私たちの事業は、お客様のお困りごとを解決するという原点のもと、
新築住宅のスムーズなお引渡しを支援する “仕上げサービス” をはじめ、
お引渡し後のエンドユーザー様とお客様とをつなぐ “定期点検” や “施工・メンテナンス” 、
更に、企業のブランド価値を守る “リコール対応” に至るまで、住宅事業者様のご要望に、
総合ハウスメンテナンス企業として、幅広く、ワンストップで対応できるまでに成長してまいりました。

これも皆様より頂戴したご支援の賜物と、心より深く御礼を申し上げます。

少子高齢化による人手不足や、コスト管理、安全・労務面での管理監督の強化義務など、
さまざまな対応が求められるこれからの住宅業界において、住宅事業者様の課題解決に貢献し、
お取引先企業様の強みが発揮できるような付加価値を提供できる企業として、
これからもお客様にご満足いただけるサービス、仕組みを創り出し、進化を続けてまいります。

今後ともより一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社バーンリペア 代表取締役社長

藤本 剛徳

バーンリペアが掲げる3つの重点項目

自律性の継続

私たちのサービスは、サービススタッフ自身が現場で問題解決をすることが不可欠です。一人一人が自らの自律性と対応力を高め、お客様からの信頼とご満足を、より一層頂けるサービス提供に取り組んで参ります。

信頼性の向上

私たちは、今まで以上にお客様とつながりを深め、サービスレベルの向上、利便性の追求、リスクマネジメントに取り組まねばなりません。これらの課題に継続して取り組んで参ります。

組織力の強化

私たちは、ハウスメンテナンス企業として、日本一の規模を誇っています。この一企業を超えた規模の力を本当の意味で発揮しなければなりません。私たちだからこそできることに取り組み、真の組織力を向上させて参ります。