施工スタッフとして活躍するTさん。研修の講師として、スタッフの皆さんに作業方法の教育なども実施しています。
入社のきっかけと、入社してからのエピソードをお伺いしました。

バーンリペアへの入社のきっかけを教えてください

  • バーンリペアに入社する前はスポーツインストラクターをしていました。そこに通っていたバーンリペアの社員の方とお話しているうちに、会社やお仕事内容に惹かれて入社することになりました。
    今思い出すと「手先は器用?」とか「DIYとか好き?」とかちょくちょく聞かれていたので、
    知らない間に種まきされていたのかもしれませんね…笑
    ちょうど子供が生まれる時で、安定した仕事に就きたいと思っていたので、タイミングも良かったんです。

入社前と後でイメージが違ったことはありますか?

教育がしっかりしているところはとても意外でした。建築系の会社なので、「見て覚えて」という教育かなと思っていたのですが、マニュアル等もあり丁寧に教えてもらえました。
教える内容は未経験者でも飲み込みやすいように、様々なところが工夫してもらえていると感じています。
今は自分が講師として作業方法の研修をすることがあるのですが、相手がどんな人でもわかりやすいように、というところを心がけて教えるようにしています。また、働いている人が皆さん優しく、人付き合いが丁寧な方が多いところも
イメージと違っていました。バーンリペアの作業はとても丁寧で繊細なので、それが人柄にも出ていると思います。

入社してからの忘れられないエピソードを教えてください

先輩との同行が終わり、ひとりで現場に出始めの頃、焦って失敗してしまった時のことはよく覚えてます。。
ドアのパーツの一部を交換する作業だったのですが、「これだけは外してはダメ」と言われていたパーツを、焦ってしまったせいでなぜか外してしまい…自分だけではどうしようもなくなって電話で先輩に助けを求めました。
先輩はすぐ現場まで駆けつけてくれて、入居者様への説明や作業の段取りを素早く組み直してくれました。
作業が終わった後、僕に「現場作業ではイレギュラーは必ず起こる。必ず何とかするから、
何かあったらまたすぐに呼んで」と言ってくれた先輩は、ものすごくカッコ良かったです!
先輩がそう言ってくれなかったら、その後の現場にも引きずってしまっていたと思います。
作業の心構えにも「困ったときは声を発する」というのがあるのですが、こういうことなんだなぁと改めて実感しました。

あなたにとってバーンリペアとは?

  • バーンリペアには色々な経歴を持つ方や、多彩な能力を持つ方がいて、その方達の話を聞くのも面白いです。
    色々な方がいるバーンリペアの中で、僕は『仕事と家庭を両立している人』として模範となる存在になりたいと考えています。仕事だけでなく、自分を支えてくれている家族も大切にしたい。子育ては毎日が戦争で、悩むことも多いですが、毎日がとても楽しいです。
    新たにメンバーになる人が仕事やプライベートで困難にぶつかったときに、一緒に解決できる良き仲間となれるように、
    これからも仕事も家庭もどちらも大切に、楽しんでいきます!

entry

現在、Webからご応募受け付けております。

TOP先輩インタビュー施工スタッフ T.Kさん