施工とリペア・検査のお仕事を兼任し、マルチで活躍しているRさん。
入社のきっかけと、お仕事の魅力についてお伺いしました。

バーンリペアへの入社のきっかけを教えてください

  • 元々建築やインテリアに興味があり、建築系の専門学校に進学しました。学校卒業後は建築系の会社に就職し、事務として働いていました。図面を読み取ったり等、建築に触れる機会は多く、やっていること自体は興味があるものだったのですが、毎日なんとなく物足りない日々が続いていました。
    じっとしているよりも身体を動かすほうが好きでしたし、ただ建築関連の仕事というだけでなく、自分も作る側に回りたいと感じているんだと気づいて、転職を決意しました。
    建築・不動産の業界にしぼって転職活動をしていたところ、バーンリペアの求人広告を見つけ、縁があり入社となりました。
    リペアのお仕事だけかと思っていたんですが、検査や施工など色々なお仕事があることは入社してから知りました。
    今は色々な職種のお仕事を任せてもらっています。

リペアのお仕事の魅力を教えてください

リペアは作業工程を自分で考えるところが楽しいですね。
誰かに決められた工程を行うのではなく、自分で工程を考えて進めるところが面白いと思います。
施工はお客様に喜んでもらえるところと、それを間近で見ることができるのがやりがいですね。
女性でこういうお仕事をしている方はまだ珍しいのか、入居者様にびっくりされることも多いですね。
入居者様が奥様おひとりだったりすると、女性同士で分かり合えるところもあり、色々お話してもらえるのが嬉しいです。
「女性なのにスゴイ」と言われる事も多いですが…やはり技術の部分に感動してもらいたいと思っています。
性別等に関係なく、単純に作業自体を「スゴイ!」と思ってもらえるように技術を身につけていきたいです。

入社してから特に印象に残っている出来事を教えてください

入社してから1年半ぐらいたったとき、初めて床鳴り(※)の現場にひとりで行ったときのことが印象に残っています。
リペアや施工の通常の作業は、不具合のある場所を目で見て作業をすることができるため、
自分の作業を確認しながら進めることができます。
床鳴りは目に見えない不具合のため、自分の対処があっているかが不明瞭で、作業を進めながら確認することができないんです。
先輩がいないこともあり、とても不安でしたが、勇気をだして作業したところ…1発で床鳴りが収まりました!
その時の気持ちよさと、入居者様の反応の良さは今でもよく覚えています。
「魔法みたい!」と喜んでくれる姿に、ホッとしたのと同時に、ジワジワ喜びが込み上げてきて、心の中で「ヨッシャ!!」ってガッツポーズでした。

※床鳴り…フローリングの伸縮などで、歩行時に床が音を立てる状態。

あなたにとってバーンリペアとは?

  • シンプルなんですが…今は仕事がものすごく楽しいです。
    前職で事務をしていたときは、勤務中時計を見ては早く時間がたたないかと、そればかり考えていました。
    「明日仕事か~…」とガッカリしながら眠りにつくような、憂鬱な気持ちで毎日を過ごしてましたね。
    今は時間が過ぎるのがとても早いです。時計をみたらもう1日が終わってしまっていて、
    時間が経つのがもったいないくらいです。
    そう感じるのはきっと仕事が楽しいから。
    今後はもっと技術を身につけて、色々な作業を楽しめるようになっていきたいと思っています!

entry

現在、Webからご応募受け付けております。

TOP先輩インタビュー施工スタッフ R.Iさん